和楽器ことはじめ


「日々是知進」


      五
     矢口隹
      疋

 お茶碗や庭石にこんな文字が書かれているのを見たことはありませんか?

 中央の「口」(くち)を合わせて時計回りに、「吾唯足るを知る」(われただたるをしる)と読みます。禅の哲学ですね。
 余計なものは不要。無欲で生きなさいという教えですね。


 私はとても欲の多い人間です(笑) 言い方を変えれば、欲もありますし、向上心もあります。もっと弾けるようになろうとか、先生に誉められようという欲もあります。もちろん誰も叱られることを目標にはしませんよね。
 特にお稽古ごとは目標がないと続きません。それを何に置くかは自由ですが、やるからにはやはり中途半端ではやりがいがありません。私は三味線を始めて、ようやく「やりがい」「生き甲斐」というものを見つけたような気がします。やはり、おもしろいことは続きますね。

 もちろん今からプロになろうとは考えませんが、「プロになるくらいの気持ちでやらないとダメ!」と先生に言われたことがあります。それは、お稽古を始めて3ヶ月くらいの、まったく進歩のない日々でした。やっていないのでお稽古に行くのがイヤでイヤで、ノイローゼにさえなりました。また、腕の上がらない自分に嫌気がさしていました。当然、稽古は片手間になり、一夜漬けになります。そして叱られたのです。
 もろもろのことが重なり、無理にお願いをして半年ほどお稽古を休みました。今年になってようやく弾きたいという気持ちになり、復帰させていただきました。でちゃんと弾きだすと、腕も上がるのでおもしろくなって真面目に稽古するようになりました。ひと月ごとに曲が進むようになり、相乗効果でますます稽古に身が入ります。

 で、「色種」です。果てしなく難しいけど、超おもしろいです!
弾くたびに、わずかながら進歩しています。この前弾けなかったところが、きょうは弾けたりして、うれしくなってしまいます。
 また全然モノにならないところは、イライラしますが、もうちょっとがんばれば、弾けるとの思いから、なにくそ!と負けん気になります。

 「吾唯足るを知る」というわけにはいきませんが、「日々是進むを知る」の心境です。長文失礼致しました。
[PR]
by wagakkiya | 2005-04-30 03:29 | 三味線お稽古(31)

<< 三味線~駒の糸道      歌舞伎~女形 >>

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧