和楽器ことはじめ


19世紀クラシックの名曲






d0001411_2358896.jpg



「トリオ・アコード」

白井  圭 Shirai Kei(ヴァイオリン)

門脇 大樹 Kadowaki Hiroki(チェロ)

津田 裕也 Tsuda Yuya(ピアノ)








 西洋の管弦楽は16世紀~21世紀まで、なぜか“クラシック”と呼ばれる。もはや音楽のジャンル用語でしかないと思う。

 きょうは芸大の卒業生3人による若手のピアノ三重奏「トリオ・アコード」の演奏を聴いてきた。
 18世紀ハイドン(1732-1809)の39番ト長調、19世紀のブラームス(1833-1897)の第1番ロ長調、20世紀前半のラヴェル(1875-1937)のイ短調と時代の異なる3つのピアノ三重奏曲。ブラームスは名曲にして難曲だというのがあらためてわかった。特に、曲、演奏ともラヴェルがよかった。

 さて、本来の「古典」という意味で、長唄の“クラシック”をみてみると、「松の緑」(杵屋六翁作曲)が1830年代(天保年間)、「秋色種」(杵屋六左衛門作曲)が1845年(弘化2年)の作曲である。ちょうど19世紀中盤、ハイドンとブラームスの間なのである。そう考えると、数は少ないが、今なお残って頻繁に弾かれている曲は、名曲中の名曲ということになろう。
[PR]
by wagakkiya | 2005-05-06 23:55 | コンサート感想(8)

<< 三味線~バチ皮の位置      色種~虫の合方聴き比べ >>

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧