和楽器ことはじめ


京都春宵コンサート


 NHKで5/8日曜深夜に「京都春宵コンサート」というのをやっていた。
 テレビで途中から見た(聴いた)ので、全体はわからないが、よかった。

 シンガーソングライター小谷美紗子さんのピアノの弾き語りと、中国古箏の伍芳(ウー・ファン)さん。

 会場である三条の新風館は、よくパティオでコンサートをやっているらしいが、キャスティングもよく、いい雰囲気のコンサートに感じた。プロデューサーがいいんだろうな。

 小谷美紗子(おだにみさこ)さんは、せつなくも強くたくましく生きようとする女の子のメッセージを持った歌を歌っていた。「嘆きの雪」「儚い紫陽花」の2曲が心に沁みた。「(私を振ったあなたは)流れ着いても空き缶のように“海にも嫌われるから”」というニュアンスの歌詞は、男にとっては、グサッと痛い。

 古箏の伍芳さんは、日本人より上品な言葉を使う、中国古箏の第一人者。流れるような指の運びと、やわらかいタッチで、21絃を弾きこなしていた。
 21絃の古箏は、日本の20絃より糸が細く、やわらかそうなので、高音で駆けるような明るい音が出しやすいのだろう。爪を当てるというよりも、指でなぞるような感じ。実際、古箏の義爪は、日本の箏爪より短めの爪をつけているようで、余計につま弾きの感じになるのだろう。
d0001411_319066.jpg


  ~   ~   ~   ~   ~   ~   ~

 コンサートの最後は、出演者のみんなでセッション。ガラ・コンサートでは、こういう大合奏が楽しみのひとつでもある。「あの素晴らしい愛をもう一度」をハープや古箏、チェロ、ギターなどの奏者が並んで弾き歌いしていた。フィナーレには、とてもうれしい演出だよね。
[PR]
by wagakkiya | 2005-05-09 03:16 | コンサート感想(8)

<< 三味線~絹糸      三味線~楽譜の種類(1) >>

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧