和楽器ことはじめ


2005年 04月 06日 ( 1 )



カン張り~三味線の皮




きのうは、民謡の厚めの皮の張替。
最高によく張れたので、気持ちがいい。

厚い皮は特に神経を使う。引っ張り加減が重く難しいからだ。
いい三味線ほど、お客さんの要求も高いので、いわゆる「カン張り」をしないといけない。

「カン張り」とは、皮の表面を指ではじいた時に、カンカンという乾いた高音がするからなのだが、実際は厚い皮になればなるほど、コツコツという音に近くなる。

この音を見極め(聴き極め)ながら、皮をどこまで引っ張るか
調整をしていく。
ある程度、いい音が出てからが勝負所で、ここは他の一切の音を排除し、指ではじいた音と、皮の弾力の感触など耳、手、目など五感の勝負となる。

耳の鼓膜に跳ね返る音を聴きながら、慎重に微調整をしていく。
これは、まさに「勘(カン)」によるもので、自分の耳によい基準を刻み込んでおかなければならない。

しかも、皮は天然の犬皮(ケンカワ)なので、一枚一枚異なる。
傷もあるので、裂けやすい傷は補修しなくてはならず、余計神経を使う。特に厚いけケン皮には、ひっかき傷や傷の治った痕(縫い傷)が多く、さらなる慎重さが要求される。

だから、それらをすべてクリアして、いい音で張れた時は、何物にも替えがたい喜びと充実感があり、だからこそやりがいもあるのである。
[PR]
by wagakkiya | 2005-04-06 04:28 | 職人仕事(13)

    

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧