和楽器ことはじめ


2005年 04月 24日 ( 1 )



三味線の調子~二上り~

「二上り」と書いて「にあがり」と読みます。「が」が抜けてますが、いいんです。三味線では、こう表記するんです。
ちなみに「三下り」も「みくだり」ではありません。離縁状とは違うのです。「さんさがり」と読みます。

さて、今回は二上りのお話。ちょうど「五郎時致」の途中から転調(本調子→二上り)します。
なので、説明しやすいですね。
二上りは、明るい調子です。民謡や音頭にはよくある、ぱっと花が咲いたような音階になります。
二上りですから、二の糸を一音上げます。
たとえば、四本で本調子に取っているなら、C/F/CのFをGに上げます。ハ長調だと「ファ」を「ソ」に上げるということです。

        本調子   二上り
一本 A     A/D/A  A/E/A
二本 A#(B♭)
三本 B     B/E/B  B/F#/B
四本 C     C/F/C  C/G/C
五本 C#(D♭)
六本 D     D/G/D  D/A/D
七本 D#(E♭)
八本 E     E/A/E  E/B/E
九本 F
十本 F#(G♭)
十一本G     G/C/G  G/D/G
十二本G#(A♭)

なぜ転調しなくてはならないのか、まだ疑問ですが、
おそらく共鳴と和音(わおん)のためでしょう。
二の糸と三の糸をいっしょに弾いた時に出る共鳴音(協和音)は
とても明るくなります。たとえば、1オクターブ違いの4#と4・#です。また二の糸の開放絃(=4#)も明るくなります。

もっともっと楽理を勉強しなくてはなりませんね。
[PR]
by wagakkiya | 2005-04-24 02:12 | 三味線お稽古(31)

    

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧