和楽器ことはじめ


バチ皮(その2)




d0001411_1591274.jpg


三味線に貼るバチ皮の話のつづき・・・。

見づらいけど、画面の下のほう(胴の際、糸の下)に貼ってあるかまぼこ型のものがバチ皮です。。
この三味線は長唄の稽古用なので、シールのバチ皮を貼っています(透明なので余計に見づらいですね)。
この裏面がシールになってるバチ皮はひじょうにいいです。
貼るのも剥がすのもカンタン!

本物のバチ皮と違って、糊は使わなくていいし、乾かさなくてもいい。実は、バチ皮を貼る時に大敵なのが糊の水気なんです。

三味線の皮に湿気は禁物! 皮が湿気を吸ってズレるおそれがあるからです。皮自体もですが、胴の四周(=経口:キョウグチ)に糊付けしてあるため、糊が湿気を吸って緩むこともあります。特に梅雨時の三味線の扱いには注意しなくてはいけません。

つまり、せっかく乾かした皮にわざわざ湿気をあたえることは理にかなっていません。天然のバチ皮を糊付けした場合は、ただちに1時間ほど扇風機に当てておきます。
また、早く乾かそうと思ってドライヤーや暖房を使ってはいけません。今度は反対に、皮が乾燥しすぎて、張力が持たず、バリッと裂けて破れることになります。

皮は湿気や高温に弱いデリケートなものなのです。
だからシールのバチ皮は重宝がられるのです。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-04-08 02:13 | 楽器&道具事典(11)


ギンカワ~三味線の皮



d0001411_2445879.jpg

これが皮の張替を仕上げた状態の三味線の胴。

音が上がる瞬間は、皮の表面に微妙な光沢やツヤが出てくる気がする。

このツルツルした皮の面をギンカワ(銀皮)という。語源は「銀世界」と同じであろう。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-04-07 02:44 | 職人仕事(13)


カン張り~三味線の皮




きのうは、民謡の厚めの皮の張替。
最高によく張れたので、気持ちがいい。

厚い皮は特に神経を使う。引っ張り加減が重く難しいからだ。
いい三味線ほど、お客さんの要求も高いので、いわゆる「カン張り」をしないといけない。

「カン張り」とは、皮の表面を指ではじいた時に、カンカンという乾いた高音がするからなのだが、実際は厚い皮になればなるほど、コツコツという音に近くなる。

この音を見極め(聴き極め)ながら、皮をどこまで引っ張るか
調整をしていく。
ある程度、いい音が出てからが勝負所で、ここは他の一切の音を排除し、指ではじいた音と、皮の弾力の感触など耳、手、目など五感の勝負となる。

耳の鼓膜に跳ね返る音を聴きながら、慎重に微調整をしていく。
これは、まさに「勘(カン)」によるもので、自分の耳によい基準を刻み込んでおかなければならない。

しかも、皮は天然の犬皮(ケンカワ)なので、一枚一枚異なる。
傷もあるので、裂けやすい傷は補修しなくてはならず、余計神経を使う。特に厚いけケン皮には、ひっかき傷や傷の治った痕(縫い傷)が多く、さらなる慎重さが要求される。

だから、それらをすべてクリアして、いい音で張れた時は、何物にも替えがたい喜びと充実感があり、だからこそやりがいもあるのである。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-04-06 04:28 | 職人仕事(13)


こんどは「時致」




「時致」と書いて「ときむね」と読む。
曽我五郎時致が十八年の歳月を経て父の仇を討つという筋である。

勇ましい。男らしい。「勇猛血気」盛んである。
「松の緑」「末広がり」と、いままでの二つが特に女性的という訳ではないが、比較するとやはり違う。

安来節で言う二枚バチ、三枚バチが入る。
五郎時致の決意表明にも聞こえる。

また、飛びタタキという一と三の開放絃を弾く奏法もあり、
これまた勇壮である。

で、曲も長い。12分である。
最初は浪曲みたいに延々と長くつかみ所のない曲に感じられたが、いまは調子の上げ下げがわかるまでになった。

クドキも品よく、オトシも軽快であり、合方もおもしろい。
聴けば聴くほど味が出るするめのような曲だ。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-04-04 21:54 | 三味線お稽古(31)


おさらい会終了!



「さくらだよりのおさらい会 & 杵屋五司郎ライブ」が無事終わりました。
(於 松江しんじ湖温泉 旅館「なにわ一水」宴会場「大判」舞台)

個人的には、「松の緑」も「末広がり」もそこそこうまく弾けました。
大ハズシはなかったし、全然ついていけないということもなく、
五司郎先生の隣で、まんなかで大汗かきつつ一心不乱に弾きました。

初めての着物は、汗でぐちょぐちょになりましたが、肝心の三味線がなんとかおさまったので、よしとしましょう(笑)

でも、けっこう楽しかった。舞台に出ると、ほどよい緊張でいい感じです。
楽しく弾けたのがいちばんの収穫かな。
わりと余裕もあったし、周りの音もよく耳に入った。
(唄を聴く間はなかったけど・・・拍子は取れました)

で、自信もついた!
がんばれば、報われる。

おさらい会とはいえ、人に聴いてもらうと言うことは、努力の成果を見ていただくことだから、生半可では舞台に立てないということを実感。
やってないところは、モロに雑音となってしまうので、
ちゃんと仕上げねばならない。これは今後の課題。

なにわともあれ、「なにわ一水」の初舞台。
初物づくしのおさらい会、まずは一歩前進と言えましょう。


おさらい会のあとの耳のお掃除、
五司郎先生の大薩摩幕間三重、勧進帳、とくにすばらしかった。
ブルブル震えました。いやぁ気持ちよいですなぁ・・・。
極楽極楽・・・・・・。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-27 23:57 | 三味線お稽古(31)


きょう! ~おさらい会~

ついに初舞台!
もう日付変わって、きょうになりました。

昨日のお稽古では、思ったより弾けたのでひと安心。

着物もなんとか着ることができ、着物の上の三味線も落ち着いたので、不安は払拭されました。

さらに本番の着付けは、同じ弟子の踊りをやってらっしゃるお姉さんが見てくださるとのこと。これまた心強い。

というわけで、心おきなく床に就けるのです。

パンフレットの印刷も完了し、お誘いした方も来られるようでよかった。

いろいろとここまで順調に来ています。


ところで、五司郎先生もホームページを更新されたようです。
今年前半のコンサート情報などがアップされました。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-27 01:06 | 三味線お稽古(31)


あと二日

いよいよ迫ってきた。
今回は、ラストスパートが効かない。

鼻はムズムズ、目はカユカユ、喉はイガイガ。気はイライラ。
風邪か花粉症か知らないけど、ずっと引きずってる。
集中力がないのだ。正座もしんどい。
困った困った。
初めて着る着物(袷)にも緊張気味。

今日は当日配るパンフレットを作っていた。
先に告知のチラシも作ったのだが、
五司郎先生に「お、いいね」と言われたので、調子に乗っている。

「さくらだよりのおさらい会」という名前にちなんで、
さくらの花びらを散りばめてみた。

明日は米子空港へ先生を迎えに行き、いっしょにお稽古場へ。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-25 17:51 | 三味線お稽古(31)


三ツ折・八ツ折


急遽、父親の代わりに用事で遠方へ4日も出かけることになり、ただでさえ寸暇を惜しんで、お稽古したいのに、ままならず。
三味線を携帯しようかとも考えたが移動が多いし、ほかの荷物もいっぱいなので、泣く泣くあきらめる。

こういうときに、三ツ折トランクって力を発揮するんだなあと実感。
組み立て・分解は面倒でも、コンパクトな利点。

また噂では、八ツ折三味線というのもあるらしい。仮継ぎがたくさん要って余計面倒かもしれないが、職人技の極みとも言うべき発想である。

旅先で三味線を弾くことは贅沢なのである。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-20 05:17 | 楽器&道具事典(11)


バチ皮(その1)


三味線を弾くにはバチを使うのですが、バチを何度も当てると、皮の表面が毛羽立ってきます。
これを防ぐために、皮の上に薄い皮をもう一枚貼ります。
この薄い皮を「バチ皮」といいます。

まさに、バチが当たるところに貼るので、こういう呼び名になった訳ですが、バチが当たる場所は、同じ三味線でもジャンルによって異なります。
つまり、長唄、地歌、民謡、津軽では、それぞれに(バチの大きさを含めて)弾く場所が変わるので、貼るバチ皮の場所や大きさも微妙に変わってきます。
逆に、貼ってあるバチ皮によって、その三味線が何向き(どのジャンル)かということも分かる訳です。

        (......次回へつづく)
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-17 06:27 | 楽器&道具事典(11)


あと十日


おさらい会まで、あと十日。
風邪ひいて、三、四日弾いてない。

「松の緑」と「末広がり」の2曲。
きちっと間違えず弾けること。これがいまの課題。

やはり高いツボ(「6・」や「1‥」)に、サッと正確に左手がいくようにしないと。特に外した時の音は気持ち悪いので。
[PR]
# by wagakkiya | 2005-03-17 03:48 | 三味線お稽古(31)

    

和楽器屋の職人仕事と邦楽・伝統芸能の魅力をわかりやすく熱く語ります!
by wagakkiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adam eve pic..
from adam eve pictu..
info lesbisc..
from info lesbische..
windows xp s..
from windows xp ser..
smith mounta..
from smith mountain..
cognomi sard..
from cognomi sardi ..
out off touch
from out off touch
amc free mov..
from amc free movie..
riw3xyca
from riw3xyca
検索
フォロー中のブログ
おすすめリンク
女将さえこの今宵の酒肴
(酒肴と長唄・舞踊など)

寿美栄のにつ記
(三味線・落語・着物など)

顔顔のひとこと多いひとこと
(私のつぶやき日記です)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧